2011.10.18
先日、進行中と言うことでBlogに書きましたアパート。
内装工事が10/7に終了しました!
残すは、ベランダ・雨避けの設置です(^-^)v

築20年ほどの建物なんですが、前に住んでいた方は痛んでいても大家さんに何も言わなかったようです。
入浴後に濡れたままでキッチンを歩いたのか、床板は痛んでところどころ剥がれていました。
畳は摺りきれて穴が開き、障子の桟はカビで真っ黒。襖はビリビリ。。。

今まではトイレ付きのユニットバスだったのですが、大家さんから『トイレは別にしたい』とご要望を頂いたので少し大掛かりにリフォームすることとなりました。
リフォームの内容は、以下の通りです。

 ① トイレ無しのユニットに変更
 ② 押入れを潰してレストルーム新設
 ③ キッチンの入れ替え
 ④ キッチンフローリング張替え
 ⑤ 壁紙の張替え・じゅらく壁およびキッチン天井の塗装
 ⑥ 何故か冷蔵庫スペース部分にまで伸びていた引き戸を壁に
 ⑦ 畳の入れ替え
 ⑧ テラスルーフ及びベランダの設置
 ⑨ 襖の張替え

部屋の換気のために窓を開けておいたら突然の突風で張り替えたばかりで乾かしていた襖が倒れ、大穴が開くなどの小さなアクシデントはありましたが、内装は無事終了となりました。

kitazawa_1.JPG

kitazawa_2.JPG

kitazawa_3.JPG


kitazawa_5.JPG

kitazawa_6.JPG


2011.10.04
いま入っている現場は、私の母の従姉が貸しているアパートの一室。
20年ほど住んでいた方が引っ越されたと言うことで、綺麗にすると同時にリフォームをしています。
折角のリフォームなので、少し生活しやすい部屋にしつつ、デザインも少し変えたり。
リフォームする部屋の物干しスペースに屋根を付ける意味と合わせて、2Fにお住まいの方にはベランダを^^
さて、どうなることか。
今週中には完成予定なので、引渡し時に写真付きでUp出来ればと思ってます。

趣味の釣りは、いまの現場が終わるまでお預けです。。。
社長は、ゴルフに興じてるようすですが(´-ω-`) 

2011.09.07
昨日、M様のお住まいのマンション内にありますトランクルームへ棚を設置しました。
以前にM様の事務所に設置した棚をとても気に入って頂き、今回はご自宅のトランクルームにもとお話を頂きました。
嬉しい限りです^^

動線を確保しつつ、多くの荷物が収納でき、かつトランクルームが暗くならないようにと言うことで白い棚の設置となりました。

trunkroom (1).JPG
Before

trunkroom (2).jpg
After

右側手前にはゴルフバッグが4個収納できます。
今回は壁面の塗装などは一切行わず、棚の設置のみです。
写真からも照明の光が棚に反射し、全体的に明るい感じになっているのがお分かりになると思います。
お引渡し後、M様より

狭いとランクルームが見違えるように使い勝手が良さそうな感じになりました。
明るくて素敵です。

とメールを頂きました。
M様、ありがとうございました^^
お客様に喜んで頂くことが私どもの何よりの喜びです♪

2011.09.06
前回の更新から、だいぶ開いてしまいました^^;

先月、17日から水戸にお住まいのT様宅の瓦葺きの工事に行ってまいりました。
3/11の東日本大震災から5カ月が過ぎていた作業当日。
未だに瓦が落ち、ビニールシートで雨除けされているお宅や塀が倒れてしまったせいでブロックが1段だけ残っているお宅などが多く、震災の被害がいかに凄かったかを思い知らされました。
T様のお話では、瓦屋さんに頼んでも材料もないし待つしかないとのことでした。

今年は1000年に一度の大地震、1000年に一度の大型台風と大きな災害に直面している日本列島。
災害で亡くなられた多くの被害者の方々のご冥福をお祈りいたします。

tayama-yane(1).JPG

tayama-yane(2).JPG

tayama-kabe(1).JPG

tayama-kabe(2).JPG


2011.07.21
北区にお住まいのK様から『トイレの水漏れを見て欲しい』と御相談頂きました。
K様宅にお邪魔して現場を見て、驚きました。
便器が斜めに傾いていたのです。

DVC00006.JPG

お話を伺ったところ、数年前に家電量販店でウォシュレットをご購入されたとのこと。
後日、家電量販店からの依頼で業者が取り付けに来たところ室内の寸法と合わずに
上手く入らなかった様子。
この時点で委託業者は『寸法が合わないので取り換えた方が良い』とアドバイスすべき
だったのですがそれもせず、無理矢理便器を斜めにして取りつけて帰ったそうです。
無理に付けたので配管にも負担が掛かり水漏れに至ったということです。
(保証期間は過ぎているので、お客様のご負担での工事となりました。)
漏れを直すと同時にウォシュレットも取り付け可能のものと交換しなければならないので
今回は、お客様とご相談の上でタンクレスのウォシュレット付きトイレに交換となりました。

トイレ同時に『階段下の床がベコベコする。』『外の扉が雨風に晒されて痛んでいる』
ということで、そちらも合わせて業することになりました。

工事当日、トイレ工事の際にトイレの床もダメになっていることが発覚。
床が傷んでいて、タイルでいままで持っていた状態でした。
トイレが階段脇だったので作業がらない作業工程だったのですが作戦変更です。
朝一番でトイレを外し、床を直し夕方までに便器を取り付け。翌日と合わせて階段下の
床と外の扉を交換するという工程に組み直しました。
その日の夕方にトイレ工事は終了。

P1000524.JPG

翌日、階段下の床板を貼る作業と外扉の交換作業が残ってしまいました。
お客様にはご不便な時間が出来てしまい申し訳ありません。
床も根太を全て入れ替え、新しい床板と交換。

P1000913.JPG
P1000519.JPG
P1000522.JPG

外扉も合板製で雨風で剥がれてしまっていたものを杉板戸に交換しました。
左支柱が外壁に埋め込まれているため、そのまま使用させて頂きました。

DVC00002.JPG

K様のお宅は昭和の初期に建てられたお宅だそうで、階段の足が掛かるところの色が落ちて
来ていたのでこちらは補修させて頂きました。
今回は、作業工程により御不便をお掛けしたのと階段下で使った残りをトイレの床に使用
したのでトイレの床工事と階段の色付けはサービスさせて頂きました。