趣味の釣り
2011.01.11
私の趣味は、TVゲーム・散歩・釣りです。
今回はその中の釣りについて、ちょっとお話しさせてください。

私の釣りデビューは、弟が生まれる頃なのでちょうど3歳です。
まだ幼い兄と私は、兄は幼稚園があるので母の実家(隣の家)へ、私は伯父の家に預けられました。
伯父の職業は消防署の救急隊長。大変厳しい人ですが私をものすごく可愛がってくれました。
夜勤明けの日には所の田んぼにメダカを見に連れて行ってくれたり、セミや蝶やクワガタを捕まえに連れて行ってくれたり。
そんな中でも一番楽しかったのが、裏の川でのフナ・コイ釣りでした。
休みの朝、私が目を覚ます頃には伯父はもう裏の川へ出勤。伯母に言われて弁当を持って伯父のもとへ行き隣にチョコンと座って一緒にウキを眺めます。

ある日、『ちょっとやってみるか?』と伯父が私に竿を差し出しました。
小さな手に自分の身長の何倍もある長い竿。その手を伯父が後ろから支えてくれてのデビュー戦。
最初の1回で2匹のフナが釣れました。(針が2本付いていたので)
『おお、すごいな。お前は大きくなったら釣り名人になれるかも知れないぞ。』
その言葉が嬉しくて、くすぐったかったことを覚えています。

小学校にあがり、お小遣いを貰えるようになって自分用の竿を買い、いまに至るまで釣りを続けています。
残念ながら釣り名人にはなれませんでしたが(笑)
釣りを通じてたくさんの素敵な仲間にまれました。
釣りはりは私にとって一番大切な趣味であり、宝物です。

さて、昨日・一昨日とその仲間と釣りに行ってきました。
一昨日は気温も暖かで釣りやすい陽気。1時間半程の釣りで70匹のタナゴを釣ることが出来ました。
昨日は寒くても釣れませんでしたが、今年初めて会う仲間も居たので楽しく釣ることが出来ました。


CA3I0054.jpg20110109.jpg20110110.jpg


<< 醤油フォンデュ 明けましておめでとうございます。 >>